(公財)ロータリー米山記念奨学会ニュース★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 156号 ★

東日本大震災から2年が経ちました。
あらためて犠牲となられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、
被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

米山学友もさまざまな形で被災地を思い、活動しています。
ぜひ今月の「ハイライトよねやま」をご覧ください。

▼全文は、こちらよりご覧ください。
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight156_pdf.pdf

(公財)ロータリー米山記念奨学会ニュース
………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 156号 ★  2013年3月12日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス:: 
——————
1.寄付金速報 ― 下半期の寄付状況は ―
2.ベトナム現地採用奨学生が感謝のスピーチ
3.東京米山友愛RCが創立3周年
4.被災地に桜の植樹 ― 第2620地区米山学友会 ―
5.写真で子どもたちを元気に! ― シュン・プロジェクト ―

気仙沼に新たに漁船5隻贈る—-中国新聞より

山口、広島両県の74ロータリークラブ(RC)でつくる「国際ロータリー第2710地区」は28日、漁船5隻を東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市の漁業者に寄贈する。26日に柳井市の柳井港で積み込み作業があり、トラックで現地に搬送した。

 全長4・5~5・5メートルの小型の中古漁船。加盟ロータリーの呼び掛けに応じた漁業者から不用船を譲り受けた。船外機を修理して船体の塗装も塗り替え、すぐに使えるように整備。気仙沼市の漁協を通じて漁業者に提供する。費用はロータリー会員や海外の姉妹クラブから寄せられた義援金で賄った。

 同地区によると、宮城県では沿岸漁業用の船約3千隻のうち約9割が津波で流されたり破損したりした。同地区は2011年秋から漁船を贈り今回で5回目、計19隻になる。

【写真説明】気仙沼市に向けて出発する漁船の積み込み作業を見守るロータリー会員

ロータリー世界平和フォーラム広島 開催要項と登録のお願い

ロータリー世界平和フォーラム広島 開催要項 

■日 時       2013年5月17日(金)~18日(土) 

■場 所       広島国際会議場             広島市中区中島町1番5号                                                                                                      http://www.pcf.city.hiroshima.jp/icch/index.html 

 

プログラム概要

5月17日(金) 12:00~21:00

Ⅰ.友愛の広場 兼 ポスターセッション

Ⅱ.プレフォーラム・ワークショップ

Ⅲ.開会式

Ⅳ.交流パーティー

5月18日(土) 09:30~16:00

Ⅴ.全体フォーラムⅠ:パネルディスカッション

  「若い世代は平和のために何をなすべきか」     

Ⅵ.ランチョン・ミーティング

Ⅶ.全体フォーラムⅡ:パネルディスカッション

 「平和はあなたから始まる-Peace Begins with You-」

Ⅷ.閉会式 

※詳細はホームページをご参照ください。http://www.info-hiroshima.co.jp/peace/

 

 ■登 録

<ロータリアン>

ロータリアンはクラブより1名(会長出席が望ましいが人選はクラブ一任)のご出席をお願い致します。最終の登録締切りは3月末ですが、国内外の反響が良い為、現時点では地元地区として控え目に対応したいと考えています。但し登録締切後、参加余地がある場合には、改めてご協力のお願いを申しあげますので、よろしくお願い申し上げます。 

<新世代>

インターアクト、ローターアクト、米山奨学生及び学友、青少年交換学生及び学友の登録は、それぞれの地区委員会で参加者を調整の上、決定し、後日改めて提唱クラブへご協力のお願いを申し上げます。

 

交流パーティー

                2013年5月17日(金) 19:00~21:00   ANAクラウンプラザホテル広島  広島市中区中町7-20

                                   http://www.anacrowneplaza-hiroshima.jp/ 

■登録申込     3月15日(金)までに別紙「③登録申込書」を地区事務局までメールにてお送りください。 

■登録料      

<フォーラム登録料> 

ロータリアン(両日通して 1名につき)

10,000

新世代

不要

 

<交流パーティー会費>

ロータリアン(希望者のみ 1名につき)

10,000

新世代

不要

 

宿泊                 宿泊を希望される方は恐れ入りますが各自でご手配願います。 

 

問合せ先

<登録について>

国際ロータリー第2710地区事務局

TEL: 082-506-0055  FAX: 082-263-2323

E-mail: info@ri2710.com

 

<ロータリー世界平和フォーラム広島について>

2013ロータリー世界平和フォーラム広島 ホスト委員会

〒730-0011 広島市中区基町5-44 広島商工会議所ビル7F

TEL: 082-511-3310  FAX: 082-511-3317

E-mail: rgpf-hiroshima2013@jeans.ocn.ne.jp

ホームページ:http://www.info-hiroshima.co.jp/peace/

今月の「ハイライトよねやま」ができました。

今月の「ハイライトよねやま」ができました。

▼全文は、こちらよりご覧ください。
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight155_pdf.pdf

(公財)ロータリー米山記念奨学会ニュース
………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 155号 ★  2013年2月12日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス:: 
——————
1.寄付金速報 ― 下半期は好発進 ―
2.新規ロータリー米山奨学生が決定!
3.PETS・地区協議会で米山の紹介をお願いします
4.多文化交流コンサート ― 第2800地区米山学友会 ―
5.日本の陸自と共にカンボジアのPKO技術向上をサポート
6.訃報 評議員 増田一雄氏(第2500地区) 逝去

■  お知らせ  
■■━━━━━
【優秀米山学友表彰】たくさんのご応募、ありがとうございました!

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.新規ロータリー米山奨学生が決定!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013学年度・新規米山奨学生の面接選考が各地区で行われ、
合格者519人(応募者数:1,532人)が決定しました。

奨学金プログラム別の合格者数は、博士・修士・学部課程奨学金
が492人、地区奨励奨学金が10人、クラブ支援奨学金が10人、
海外応募者対象奨学金(個人応募)が7人。このほか、海外学友会
推薦奨学金が現在選考中です。

また、合格者の国籍・地域別割合は、中国44.3%、韓国15.4%、
ベトナム10.0%、台湾4.6%の順となっています。今年は昨年度
に比べ、中国・韓国・台湾以外の国籍割合が大きく増加しました。

今後、継続奨学生の辞退などによって合格者数は変動しますが、
新規奨学生および昨年度からの継続奨学生を合わせた約700人が、
2013学年度米山奨学生となります。

ハイライト154号ですが、掲載したグラフのデータに誤りがございました。

1月15日にお送りしたハイライト154号ですが、
「寄付金速報」に掲載したグラフのデータに誤りがございました。
大変申し訳ございませんでした。

グラフを訂正した修正版を改めてお送りいたします。
下記URLよりダウンロードをお願いいたします。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight154_pdf.pdf

※記事の本文には誤りはございません。
グラフ付きで月信等に掲載いただいている場合は、
誠に恐縮ですが、グラフの差し替えをお願いできれば幸甚です。

同様のミスの無いよう、これからより一層、気を付けてまいりますので、
今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。

2013-14年度 公共イメージ補助金について

※今回から名称が「公共イメージ(PI)補助金」と改称され、また「優先補助金」と「標準補助金」の2種類になりました。両補助金とも複数年度(最長3年まで)でも使用可能となり、締切は2013年3月4日です。 

次年度広報補助金についてRIホームページに掲載されました。 

 このたび、ロータリーの広報補助金(PR補助金)の名称が、新たに「公共イメージ補助金(PI補助金)」に変更されました。この補助金は、ロータリーの使命を多くの人々に伝え、ロータリーの公共イメージを高めることを目的としています。

公共イメージ補助金を利用して、地元で広報活動(テレビ、ラジオ、広告、看板、ウェブサイト)を実施してください。一般の人々を対象とした広報に使用するためのPI補助金では、「人類のために活動します」や「あと少し」のロータリーの資料を使用し、地元クラブ/地区のウェブサイト・アドレスや電話番号を挿入し、広報効果を測る方法を定めることが重要となります。なお、補助金は、世界競争制に基づいて授与されます。

■優先補助金  通常よりも申請手続きがスピードアップ

  ポリオ、会員増強、平和のいずれかに焦点を絞った特定の広報資料を使用

  補助金額は15,000米ドル、10,000米ドル、7,500米ドルのいずれか

 

■標準補助金  基本的に従来の広報補助金と同じ内容

 ポリオ、水、識字率向上、会員増強、平和、その他からテーマを選択

  補助金額は1,000米ドル~15,000米ドルの5段階

 両補助金とも、複数年度(最長3年まで)でも使用可能となます。

詳しい情報は、「公共イメージ補助金の最新情報」をご覧ください。

重要な期日

  • 2013年3月4日:補助金申請の最終締切日
  • 2013年4月5日:優先PI補助金の承認に関するEメールが地区ガバナーに送付される
  • 2013年7月1日:PI補助金の承認・否認に関するEメールが地区ガバナーに送付される
  • 2014年6月1日:PI補助金プロジェクトの完了。支払い書式を提出する締切日 

詳しくは、以下のURLよりご覧ください。

http://www.rotary.org/ja/Members/RunningAClub/InformingTheCommunity/Pages/PRGrants.aspx

 

地区内クラブ用に申請書を作成いたします。作成次第各クラブに連絡申し上げます。

今年最初の「ハイライトよねやま」ができました

(公財)ロータリー米山記念奨学会ニュース
………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 154号 ★  2013年1月15日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス:: 
——————
1.寄付金速報 ― 2013年もよろしくお願いします! ―
2.台湾米山学友会の新理事長が決定!
3.奨学生のスピーチコンテストを開催 ― 第2660地区 ―
4.40年前のベトナム出身学友から感謝盾が贈られました

■  お知らせ  
■■━━━━━
・もうすぐ締切!ふるってご応募ください ― 優秀米山学友賞
・確定申告用領収証 ~1月末日までにクラブへお届けします~

《今月のピックアップ記事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.40年前のベトナム出身学友から感謝盾が贈られました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12月6日、ベトナム出身学友5人とそのご家族が米山奨学会事務局
を訪ねてきてくれました。

米山奨学生として日本で学んだのは約40年前。その後、1975年の
サイゴン陥落によって帰国が難しくなりアメリカに渡った4人の学友、
グェン・ダン・デュックさん(1973-75/東京西RC)、
ダオ・チュン・ジャーンさん(1973-75/東京城東RC、東京田園調布RC)、
グエン・アン・トンさん(1973-74/姫路RC)、
グェン・ティエン・クワンさん(1975-77/沢RC)
にとっては、数十年ぶりの日本訪問だそうです。

どんなに年月が経っても忘れられない感謝の気持ちをぜひ伝えたいと、
日本在住のファン・マン・カーさん(1974-74/仙台北RC)の
案内で来訪し、特製の感謝盾を贈呈してくださいました。

:::★ お知らせ ★:::

確定申告用領収証 ~1月末日までにクラブへお届けします~

昨年1年間(1~12月)で2,000円以上の特別寄付をされた方、
もしくは普通寄付金の領収証を申請したクラブには、1月末日
までに(確定申告に間に合うように)、認定証の写しが付いた
申告用領収証をロータリークラブ宛に送付します。

その他の記事は、ぜひPDF版をご覧ください。
→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight154_pdf.pdf

以上

あけまして おめでとうございます  元旦

「不毛の政治、凍てついた経済、拡大する格差社会」

昨年の賀状に認めたこれらの文言に、「国際社会における日本の地位低落」を

付け加えて今年もその儘というのでは、余りにも切ないのではないでしょうか。

我が身の変革にも厳しく対峙しつつ、せめて何がしかの好転を期待したいものです。

本年も倍旧のご指導とご厚誼をたまわりますようお願い申し上げます。

   国際ロータリー第2710地区ガバナー

    大之木精二

今月の「ハイライトよねやま」が届きました

今月の「ハイライトよねやま」が届きましたので紹介します。

▼全文は、こちらよりご覧ください。
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight153_pdf.pdf

(公財)ロータリー米山記念奨学会ニュース
………………………………………………………………………
★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 153号 ★  2012年12月12日発行
………………………………………………………………………

::今月のトピックス:: 
——————
1.寄付金速報 ― 単月では直近5年間で最高額! ―
2.ガバナーエレクト・地区米山委員長の合同セミナーを開催
3.東京米山ロータリーEクラブ2750の加盟認証状伝達式
4.韓国米山学友会総会が開かれました

<重要なお知らせ>
・税制上の優遇措置について

会員増強(SAKUJI大作戦)展開へ

日本における会員増強達成のために行う
サクセス ャパン 作戦(SAKUJI作戦) の概要

 RI理事会が2015年6月末までに会員数を130万人にする決議をし、それを受けて田中作次RI会長は今年度日本国内10万人の達成を強調され、その実現に向けて企画された、地区の枠を超えた全国レベルでの新会員獲得運動です。

ステップⅠ

① 会員が、日本にいる信頼できる(ロータリアンに相応しい)友人や知人を紹介する。
② 紹介者は本人に紹介をした旨連絡をする。
③ 会員が書いた紹介状をクラブで集め、地区で取りまとめる。
④ 地区は、仕分けをし、33 地区に送る。

ステップⅡ
① 地区は、この紹介状による増強(作戦)に賛同するクラブを募集する。
② クラブは概況を記した申請用紙を提出、地区はクラブ一覧表を作成する。
③ 紹介状を受け取った地区は、地区委員が『ロータリーのしおり』と登録クラブ一覧表をもって、面会。入会希望 入会見込みあり 考慮する見込みなし の判断をする。

AとBについては希望クラブを聞いて、地区増強委員長がクラブ会長宛に推薦状と紹介状コピーを送付。
クラブは本人と面会の上、会員選考など正規の手続きに入る。

ステップⅢ
① 手続きを引き継いだクラブは、地区に経過を報告
② 地区は、クラブでの進行状況を管理
③ 入会者を迎えたクラブは、地区、紹介者へ報告
④ 第1次目標終了後、地区は月毎にゾーンのRCに入会者数を報告
RCはゾーンごとに集計をして、RI理事、RI会員増強委員に報告

第1次目標
作戦はステップⅡ③を25 年2 月(ロータリーと田中RI会長の誕生月)末までに
実施することを目標とする

地区大会
青少年交換学生募集要項 クラブ ログイン
国際ロータリー第2710地区事務局
住所
〒732-0822
広島市南区松原町1-5
ホテルグランヴィア広島6F
電話番号
(082)506-0055
FAX
(082)263-2323
E-mail
info@ri2710.com
地区広報委員長
竹川 誠一
管理画面ログイン
TOP