10月10日(水)実施 ウェビナー「効果的な広報のためのインターネット活用法」の関連資料

クラブと地区のためのヒント

  1. 1.ウェブサイトやソーシャル・メディアをマーケティングおよび広報予算に盛り込みましょう。インターネットの活用は、単発的な経費として見るべきものではなく、クラブの「コンピューター専門家」一人に任せておくべきものでもありません。クラブ全体が支援し、複数のロータリアンが参加すべきものです。

 

  1. コミュニケーション戦略を立てましょう。戦略には、クラブがどのような人たちにアピールしたいのか(例:入会希望者、地域社会のリーダーなど)、コミュニケーションの目標は何なのか(例:地元の人々にクラブの活動について知ってもらう、新会員を勧誘するなど)、クラブをどのような組織として印象付けるのか(例:地元でよく知られるプロジェクトを実施しているクラブ、楽しい親睦や奉仕活動の機会を提供するクラブなど)を盛り込みます。

 

  1. クラブのウェブサイトやソーシャル・メディアには、常に最新のロータリーのニュースやストーリーを掲載しましょう。頻繁に更新されているウェブサイトは、読む人に、クラブが活発に活動している印象を与えます。情報の更新は、クラブで数人のロータリアン(例えば委員長など)が分担して行い、クラブのニュースレター、地区のニュースレター(月信など)、または国際ロータリーのウェブサイト(www.rotary.org/ja)から、転載することもできます。

 

  1. ウェブサイトの責任者を任命しましょう。クラブで一人か二人、ウェブサイトの掲載内容を管理できる人を指定します。

 

  1. 視覚的、機能的に、洗練されたものにしましょう。クラブのウェブサイトおよびソーシャル・メディア・サイトは、クラブや国際ロータリーに対する印象に影響するものです。誤字・脱字に注意し、ロータリーの徽章も正しく表示しましょう( www.rotary.org/ja/graphics 参照)。内容はポジティブなものとし、公に不満を表明することは避けましょう。

 

  1. 地域のほかの団体・組織、特にパートナー候補に呼びかけましょう。また、報道関係者、地元ビジネスや政府の指導者とも、ツイッターやフェイスブックを通してつながることができるかもしれません。

 

  1. クラブのソーシャル・メディアのページの存在を知らせましょう。クラブのウェブサイトや、Eメール、印刷物にもリンクを掲載しましょう。

 

  1. ロータリーによる「ウェブデザインのベストプラクティス」を参考に、クラブまたは地区のウェブサイトの効果を最大限に引き出しましょう:http://www.rotary.org/ja/mediaandnews/multimedia/graphics/Pages/web_design.aspx

 

  1. ロータリーの画像・映像を無料でダウンロードし、クラブや地区のウェブサイトのために活用しましょう:http://images.rotary.org/netpub/server.np?quickfind=&catalog=catalog&site=Rotary&template=search.np

 

 

  1.  ロータリーのウェブ広告を、プログラムの広報や新会員の勧誘に役立てましょう:http://www.rotary.org/ja/MEDIAANDNEWS/MULTIMEDIA/GRAPHICS/Pages/Webads.aspx

 

 

主要ウェビナーへのリンク:

 

今まで行われた「ソーシャル・メディアの基本」や「補助金管理のベストプラクティス」などに関するウェビナーをご覧ください: www.rotary.org/ja/webinars

 

ウェブサイトやソーシャル・メディア・サイトをさらに向上させるための無料リソース:

ロータリー・メディア・センター

 

 

オンライン研修:

ロータリーEラーニング・センター

 

そのほかのリソース:

「ロータリーの魅力を伝えよう」リソース・キット

会員増強推進用手引き

クラブ評価ツール

クラブ会長要覧

クラブ会長のための月例チェックリスト(英語)

元気なクラブづくりのために:クラブ・リーダーシップ・プラン

ロータリーのソーシャル・メディアに関するビデオ(英語)

上記およびそのほかのリソースは、 ロータリーのオンラインショップ からご入手いただけます。

ロータリーのオンライン研修「効果的な広報のためのインターネット活用法」について

各位

国際ロータリーよりご挨拶申し上げます。このたび、地区/クラブによる広報のためのインターネット活用法に焦点を置いたウェビナー(インターネットを利用した研修方法、任意参加)を実施することとなりましたので、ご連絡申し上げます。

このウェビナーでは、広報手段としてのソーシャルメディア(フェイスブックやツイッターなど)の活用法と、ロータリアン以外の人を考慮した地区/クラブのウェブサイトについてプレゼンテーションが行われ、日本のロータリアンによって発表が行われます。また、ロータリーでご用意している広報リソースもご紹介いたします。このウェビナーは任意参加となります。

日程は次の通りとなっています。日時をクリックして登録画面にお進みください。

10月10日(水)午前8~9時

今後のウェビナーや過去のウェビナーについての詳細は、こちらのページからご覧ください

クラブや地区の広報を担当されているロータリアンの方は、ぜひご登録ください。また、本ウェビナーに関心のあるロータリアンの方をご存知でしたら、この通知を転送してお伝えください。よろしくお願いいたします。

国際ロータリー、会員増強担当部

呉南RC 堺川清掃奉仕活動

 9月15日(土) 気温34度の猛暑のなか呉市の中心部を流れる堺川一帯の清掃奉仕活動が行われ、川に捨てられた自転車や傘、空き缶などのごみ拾いに汗を流し約2時間で約2tのごみを回収しました。呉南ロータリークラブの堺川清掃奉仕活動は今年で 8年目を迎え・呉RC・呉東RC会員や広島県トラック協会呉支部青年部、日本郵政グループ、清水ヶ丘高校IAC、呉RAC、スタンドバー組合、飲食業組合、呉観光社交組合、OneHeart、呉市役所、呉市中通商店街復興組合等、約250名の参加を得て大きな奉仕の輪を拡げつつあります。地域の方々にきれいな川の大切さを考えてもらう機会として、またロータリーの広報も兼ねて行っています。

今月の「ハイライトよねやま」ができました。

ロータリー米山記念奨学会からメールが届きました。今月の「ハイライトよねやま」ができましたので、お送りします。ぜひ貴地区のガバナー月信に、抜粋だけでもご掲載いただければ幸いです。

今回も我が地区では、全文を紹介いたします。 (公財)ロータリー米山記念奨学会ニュース

ハイライトよねやま150号★2012年9月12日発行  今月のトピックス 寄付金速報~米山月間に向けて、好調な滑り出し~など

全文は、こちらよりご覧ください。
http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight150_pdf.pdf

 

2012-13年度会員増減・出席率7月度

2012-13年度会員増減・出席率7月度

黄其光(ゲイリー・ホァン)氏、2014-15年度RI会長に

ロータリー・ニュース:2012年8月10日 

台湾の台北ロータリー・クラブ会員の黄其光(ゲイリー C. K. ホァン)氏が、指名委員会により2014-15年度国際ロータリー会長に選出されました。対抗候補者がいない場合、同氏は10月1日に会長ノミニーに就任します。

同氏は、ロータリーへのビジョンとして、会員を130万人に増強することとし、「会員数の増加を図るためには、中国、モンゴル、ベトナムなど、発展の可能性が見られる場所ならどこへでも、国境を越えて進出して行かなければなりません。また、女性や若い世代の会員を増やすことにも焦点を当てていき、退会した会員を再びロータリー・ファミリーの一員として迎え入れ、再入会を推進することも考えています」と話します。

ホァン氏は、Taiwan Sogo Shinkong Security株式会社、Shin Kong Life Real Estate株式会社、P.S. Insurance Agency株式会社の会長、Federal Corporationの理事、台北ライフライン協会の専務理事を歴任してきました。 また、マラーヤン海外保険株式会社の元社長、台湾産業・商業開発協議会の創設事務総長でもあります。

1976年以来のロータリアンである同氏は、RI副会長、理事、ロータリー財団管理委員、地区ガバナー、国際協議会研修リーダー、地域セッションリーダー、タスクフォース委員およびコーディネーター、委員会委員および委員長など、ロータリーでさまざまな役職を歴任しています。

2000年の香港、2011年のクアラルンプール、2002年のマニラ、2003年のシンガポールでのロータリー研究会招集者でもある同氏は、2002年台北会長主催会議の委員長も務めました。また、現在は台湾パスト・ガバナー協議会の委員長を務めています。

第3450地区のガバナーとして、1986-87年度に19の新クラブ(香港、マカオ、台湾を含む)を結成した同氏は、中国の内務省より、その卓越した地域奉仕活動が認められ、全国市民奉仕賞を授与されています。ロータリーでは、RI超我の奉仕賞ならびにロータリー財団功労表彰状を受賞しています。

ホァン氏とコリーナ夫人には、3人のお子さんがいます。

<北の便り>  3360地区チェンライRC 会長エレクト便り 原田義之氏のFBより

  • 帰国後、第一弾・卓話行脚を先週無事終えました。 お呼び頂いた2710地区の呉RC様、岩国西RC様はじめ、岩国RC様、そして岩国中央RCの各会長様はじめ役員、そして会員の皆様にお礼を申し上げます。お蔭様でこのメール上でしか交わすことがなかった多くのFB友達の方にも会えました。岩国3クラブ合同例会での情景をアップいたします。演壇背後の借景は、ズバリ「錦帯橋」。素晴らしい会場でした。私のつたないアジア僻地での「識字向上」奉仕行動と、アカ族子供の「就学と識字向上の希求」を、お話しました。 大之木ガバナー様の方針「もっとロータリーを心と行動に」に、多少なりともお役立てできていれば、幸いです。 今週も
    第二弾・卓話行脚に出ます。
     

東城ロータリークラブ主催「夜間歩行」

今年も開催しました!
足を引きずりながらも最後まであきらめずに歩き通した生徒さんを、仲間が応援し、感動のゴールでした。空き缶を拾いながら歩く生徒さんもいました。今年は二人のアメリカ人のゲストもお迎えし、国際交流をしながら歩きました。
(中国新聞 7/31 朝刊からです)

2011-12年度会員増減・出席率6月度

2011-12年度会員増減・出席率6月度

原田義之氏のFBより

6/17

遠くタイ国3360地区より投稿しています。もちろん私は日本人で、チェンライRCの正会員。2013-14年度の会長予定者です。この地区での日本人正会員は始めて、まして会長誕生もギネスものです。20年間の2680地区(兵庫)でのロータリアンで学んだ「奉仕の心」を、我が人生悔いなきよう「奉仕を行動で」と5年前に決意をし、私財とわが身をこのアジアの極貧地に移し、山岳民族アカ族子供に対する「識字向上」奉仕に身を捧げています。帰国時には各地RCの依頼で、卓話に伺っています。神戸市管理サイト「つなごう神戸」で、私のプロフィールが見れます。それ以上の関心、卓話に関することでしたら、資料を直接送らせて頂きます。メールでも、郵送でも。ご一報下さい.

地区大会
青少年交換学生募集要項 クラブ ログイン
国際ロータリー第2710地区事務局
住所
〒732-0822
広島市南区松原町1-5
ホテルグランヴィア広島6F
電話番号
(082)506-0055
FAX
(082)263-2323
E-mail
info@ri2710.com
公共イメージ
委員長
山本修
管理画面ログイン
TOP